モラハラ上司の5つの特徴&対策チェックポイント

今職場で上司からモラハラを受けて悩んでいる方が多いのではないでしょうか。私も以前上司からモラハラを受けていました。その自分の体験を通して見えたモラハラ上司の5つの特徴&対策チェックポイントを紹介します。

あなたのモラハラ上司はこの5つのタイプに当てはまりますか?今現在、職場でモラハラ上司に泣かされている方にはこれらの特徴と対策チェックポイントを参考にしていただけたら幸いです。

モラハラ上司の5つの特徴

 

モラハラの特徴はどれか一つとは限りません。複合的に組み合わされている場合があります。あなたのモラハラ上司はどんな特徴をもっているかチェックしていきましょう。

1)精神的攻撃・人格否定

モラハラ上司は部下の対象者に何か一つでもミスが起きたら、そこを執拗に責めます。また、対象者がミスをしたわけではないけれど、周囲にミスが起きた時も、対象者の責任にします。この特徴が一番分かりやすいのではないでしょうか。

特徴例:「だからお前はグズなんだ」「お前がやることはいつも失敗ばかりだ」「お前がいるだけで問題が起きる」

2)職場内で仲間外れ

モラハラ上司は率先して対象者を職場内で孤立させて周りの見せしめにします。そうすることによって自分自身の優位性を周りに見せるためでもあります。ハッキリ言って小学生レベルの大人の行動です。成長できない大人の特徴です。

特徴例:

  • 会議などの資料や連絡メールを対象者だけ渡さないようにする。
  • 飲み会に一人だけ誘わない(私個人的にはこれはラッキーと思いますが・・・)
  • 陰口や悪口を言う。

3)職場環境と業績を悪化させる

職場でモラルハラスメントが起きていることは、同じ職場で働く人にとっては居心地のよい場所ではありません。そのモラハラ上司に対して萎縮して何も言えない状況になります。それがモラハラ上司が意図している状況ですが、それではチームワークは取れずに職場全体の業績が悪化することでしょう。しかしまたそれを対象者の責任にするのがモラハラ上司です。

特徴例:

  • 大声で怒鳴る、大きな音を立てる、モノを投げるなど周囲にわかるように𠮟責する。
  • 「お前のせいで俺が被害を受けている」と自分が被害者のようにわめきたてる。

 4)仕事を妨害する

対象者に仕事を与えない。逆に一人では明らかに処理することが困難な量の仕事を指示することで、通常業務ができなくなる。通常業務以外に追加して仕事が増えることはよくあることですが、一人で処理できない量の仕事を他の部下にも割り振らせずに与えることは上司としての職務を果たしていないことになります。そして対象者は仕事ができないことで精神的に大きなダメージを受けます。このパターンで対象者は病気になったり退職に追い込まれることが多いと思います。

特徴例:

  • 「お前は仕事をしなくてもいい」と業務から外す。
  • 明らかに期限内には終わらない量の仕事をさせる。
  • 不要な仕事を押し付けて、他の通常業務をできないようにさせる。

5)プライベートについて管理する

部下のプライベートな時間に何をしているのかを聞いてくる。そして自分のほうが格上だと言わんばかりの発言をする。またはお前は俺の家族のように思っているから気にかけてやっていると勘違いをしている。

特徴例:

  • 仕事の後に飲みに行くことを強制する。
  • プライベートの予定を聞いて、「そんなんだから彼氏彼女ができないんだ」など個人の恋愛などに口をはさんでくる。
  • 休日や業務終了後に業務連絡をしてくる。

こんな特徴を持ったモラハラ上司は結構たくさんいるのではないでしょうか。ハッキリ言って、勘違いを越えて痛い大人です。そんな人たちは全く怖くはありません。次の対策チェックポイントでモラハラ上司に逆襲しちゃいましょう。

モラハラ上司対策チェックポイント

モラハラ上司の行為で悩んでいる時にどんな行動を取ったらよいか、対策チェックポイントを書いていきます。

チェック1)上司のモラハラ発言を無視して相手にしない。

モラハラ上司の発言では、仕事に関する必要な指示以外は完全無視して相手にしない姿勢でいましょう。ほとんどはただ自分の自己顕示欲だけの発言なのであなたには関係ありません。

とは言っても、ずっと精神的に攻撃されていると、無視できないくらいに追い詰められます。一人で抱え込まずまた一人で対応しようとしないで、できるだけ早くに周囲の人に相談するようにしましょう。

チェック2)モラハラ行動の証拠集めとしてICレコーダーで録音する。

職場の中でモラハラ上司の発言を録音することは犯罪ではないことはモラハラ専門弁護士も言っています。ほかには業務命令内容を日付と共に記録しておきましょう。細目に記録しておくことはモラハラ行為を正確に人に伝えるための材料にもなります。

そして自分にとっても客観的に物事を見ることができます。いつでも記録することを意識していると、モラハラ上司にも冷静に観察しチェックすることができます。

チェック3)直接モラハラ上司にモラハラ行為を止めえてほしいと伝える。

とても勇気がいる行動ですが、対策としては必要な行動です。モラハラ上司に直接「人格否定発言を止めてください。連絡メールは流してください」と伝えることがとても大切です。一度は直接モラハラ上司に伝えることで、次の行動を行うことに正当化できるからです。もしモラハラ上司に直接伝えることができないときは、メールでも手紙でも構いません。そのやり取りをICレコーダーか紙で記録をしてください。証拠集めのために残しておきましょう。

それによってモラハラ上司の行動がさらに悪化する場合もあるかもしれませんが、決して怖くはありません。それも好都合と捉えましょう。更に上の上司か専門の相談窓口に連絡し、集めた証拠も持っていきましょう。

チェック4)業務に支障が出た時点でもっと上の上司または相談窓口に相談する。

1回だけではなく2回3回と相談することで効果が出てくるはずです。相談窓口が社内にあればいいのですが、無い場合は外部のモラハラ相談窓口に連絡するとよいです。専門的なアドバイスやモラハラ上司のタイプによっての対策も一緒に考えてくれます。

チェック5)周囲の人に協力をお願いする。

最初はモラハラ行為に悩んでいることを相談することから始めてみましょう。モラハラ上司の行動を見ている人にとってもあまり気分がよいことではありません。周りの人に相談して一緒に更に上の上司または相談窓口で証言してもらいましょう。

一度お願いして断られても、時間をおいてもう一度お願いしましょう。2度目にお願いしたときは、あなたの勇気ある行動に協力したくなるはずです。協力者が多いとそれだけでもモラハラ上司は怯みます。ぜひ多くの協力者を求めましょう。

チェック6)プライベートな情報はモラハラ上司には言わない。

良好な関係が築けていない上司には、仕事以外の個人的な情報は話さないようにしましょう。もし上司に聞かれても答えないように、適当に流してしまいましょう。またメールアドレスやLINEのIDなども教えないようにしましょう。

とはいえ、仕事上でどうしても連絡先が知られてしまう場合があります。仕事以外の連絡は受け取らないことで、会社以外ではモラハラ上司との関係は切り離していきましょう。プライベートには上司も部下も関係ありません。

チェック7)一番大切なことは、自分を責めずに労わること

毎日、モラハラ上司と顔を合わせることは精神的なダメージか身体的な異常をきたす場合もあります。自分で自分を責めてしまう精神状態になることもあります。そのままの精神状態で進んでしまうと体を壊して休職や退職になる可能性もあります。そうなる前に自分の体と心に毎日労わってあげましょう。あなたの体と心を一番守れるのはあなただけです。モラハラ上司への対策行動を始める前に、しっかりと体と心を休ませてください。

もし身近に同じようにモラハラに苦しんでいる人がいたら、あなたから声を掛けてこの対策チェックポイントを教えてあげてください。きっとあなたが声をかけてくれたことで、その人は元気になれるはずです。

自分のマインドを変えると現実も変わる

モラルハラスメントを受ける人にも特徴があります。

  1. 自分の気持ちを出せずに抑え込んでいる人。
  2. いつも頑張りすぎるほど頑張っている人。
  3. 自分のことよりも他人の気持ちを優先するとても優しい人。
  4. 嫌なことを我慢してずっと耐えている人
  5. 本当は有能な人なのにそれを自分で認めていない人

上記のモラハラを受ける人の5つの特徴をチェックしてみて自分に当てはまるものはありましたか?職場でも家庭でもモラハラを受けてしまう人は、おそらくこの5つ特徴全てが該当しているのではないでしょうか。この5つはモラハラする人の絶好のターゲットです。この5つの特徴を持つ人がモラハラ上司、モラハラ男の目の前に現れると、彼らのセンサーが働きだしてきます。

5番目の特徴については、モラハラを受ける人はとても優秀な人が多いです。そのため目立つのです。「いや、自分は有能ではないから大人しく言うことを聞くしかない」と思っているかもしれません。でもその行動もモラハラ上司、モラハラ男にとっては、自分の思うとおりにコントロールできると喜びます。

優秀な人が部下にいるとき上司にとってはありがたい存在でもあるのですが、自分自身の無能さを見せつけられてしまう場合もありモラハラ行動をしてしまいます。モラハラ上司は無意識で自分の性格や性質の悪い部分があることは分かっています。でもそれを認めることはできずに、その部分に触れるようなことがあると、モラハラ・センサーが発動してしまうようです。

では、どうすればいいでしょうか。モラハラ上司への対策については前項も対策チェックで書きましたが、それだけでは本当に解決できません。もしそのモラハラ上司があなたの前から消えたとしても、あなたが持つモラハラを受けやすい体質を変えない限り、また起きることでしょう。

モラハラを受けやすい人は、じっと我慢し続けます。「自分が悪い」と責めてしまいます。他人に嫌な思いをさせてはいけない、大人や上の人の言う事は聞かないといけない、と幼少期からの教育を受けて、そういう習慣が身についてしまっています。これまではその習慣でうまくいっていたでしょう。でもその習慣が今はモラハラを受けている現実を作ってることになっています。

今モラハラを受けているということは、ある意味チャンスです。自分の習慣やマインド(心)を見直す時期だということです。

あなたが向き合うべき相手はモラハラ上司ではなく自分自身です。あなたのマインドが変わり、行動が変化していくと、モラハラ上司はあなたに対してモラハラができなくなっていくはずです。なぜなら、自分の思うとおりの反応をしなくなるからです。あなたが泣いて精神的なダメージを受けている姿を見るのが楽しいからモラハラしていたのに、その反応が見せなくなると自分の強さを誇示できません。

モラハラ上司の特徴や対策チェックポイントを活用することも大切ですが、自分自身と向き合い、大人になった今はもう不要になった習慣を変えることでモラハラ以外の現実の世界も大きく変化していきます。

まとめ

モラハラ上司への5つの特徴&対策チェックポイントはいかがでしたか。

読み終わった今、あなたのお気持ちはどのようになっていますか?

そんな対策は出来るわけないと思っていますか?

それとも、モラハラ上司の特徴や対策チェックポイントを読んで、冷静に客観的にモラハラ上司を観察できる冷静な心になっていませんか?

そんな状態になれれば、もうあなたはモラハラの現実から離れることができます。

モラハラ上司のペースに飲まれず、自分と切り離してみることがとても大切です。切り離すことができたら、精神的ダメージを受けにくくなります。その行動だけでもマインド(心)を変化させていきます。そうすることで、モラハラが起きている現実が変化していきます。

自分の行動を変えて、マインド(心)を変えてモラハラの現実が消えたとき、あなたはどんな表情をしているでしょか。何が見えるでしょうか。その時のあなたは何を感じるでしょうか。

あなたの選択次第でその未来は実現できます。あなたはどんな未来にしたいですか?