モラハラ彼氏から復縁したいと迫られた時に知ってほしい3ポイント

モラハラ彼氏と別れた後はやっと安定した時間が訪れると思ったのに、モラハラ彼氏から復縁を迫られたらとても悩みますよね。もうモラハラ彼氏から精神的暴力を受けたくないと思うかもしれませんし、一人で寂しくてモラハラ彼氏と一緒にいる時間に戻りたいと思うかもしれません。モラハラ彼氏から復縁したいと言われたときに復縁しようかと思っていたら、答えを出す前に知っていただきたい3つのポイントを紹介します。

1.モラハラ元彼氏との別れの理由により復縁を見極めよう

モラハラ彼氏とどんな理由で別れたかによって彼の意図や行動が違ってきます。別れた理由別にモラハラ彼氏の意図を考えましょう。

1.モラハラ彼氏が突然怒り出して「お前とは別れる」と言われた場合

これはただのモラハラ彼氏の気分によるものがほとんどです。彼女は突然に彼氏が怒り出して「お前の愚かさには相手できない。もう別れる」と言って、こちらの言葉を聞かないまま別れることがあります。それはモラハラ彼氏の彼女をコントロールする手法です。別れた後は電話もメールもしないですが、その間に彼女は何度もモラハラ彼氏にメールをして、「私が悪かったわ。悪いところは治すから許して。別れるなんて言わないで。話し合いましょう」などと連絡すると思います。これがモラハラ彼氏にとって嬉しい瞬間なのです。彼女にそう言わせるために「別れる」と言っているだけです。

もし彼女が連絡してこないときは、1週間くらいで彼氏のほうから連絡してくるでしょう。そんな場合でも決して自分のことは悪く言わないで、「俺を傷つけるお前が悪いのだけど、自分の言う事をきくなら復縁してやる」などと俺様感を出して上から目線で言ってくるでしょう。

もし彼女様はもうモラハラ彼氏との復縁を望んでいないのなら、このときにシッカリと別れてしまいましょう。「私が悪いの。私は絶対に変わらないわ。またあなたを傷つけるからこのまま別れましょう。」と下手に出ながら言って別れてしまいましょう。

モラハラ彼氏から別れるコツは、モラハラ彼氏の気分を良くさせるように自分を下手に下手に出ることです。

2.彼女からモラハラ彼氏と別れを決めたとき

モラハラ彼氏の言動や行動に耐えがたくなり、モラハラから逃れるべく彼女側から別れた場合です。モラハラ彼氏がどんな行動をとっていたかにもよりますが、浮気性な彼だったらすぐに別の彼女を作っていることでしょう。ですがその次の彼女も同様にモラハラ彼氏の正体に気づいたら、すぐに別れると思います。

浮気性のモラハラ彼氏は転々と彼女を変えていきます。モラハラのターゲットになる女性が見つからないときは、過去にターゲットにした女性に連絡して復縁を迫る行動をします。常にターゲットになる女性を傍に置いて、自分の優位性を感じていたいタイプでもあります。

浮気性のモラハラ元彼氏は「やっぱりお前が一番大切だと気づいた」「俺の傍にいて欲しい」などと、女性にとって言われたい言葉を並べて復縁を迫るでしょう。おそらく復縁を迫るときでも「自分が悪かった許してくれ」とは言わないと思います。こんな男性の元に戻りたいでしょうか。

モラハラ元彼氏はターゲットになれる女性が見つからないときは、歴代彼女に順番に連絡して復縁を迫ります。モラハラ元彼氏から復縁したいと言われたときは、彼の言葉を信じないで過去に自分がどんなことで悩んでいたのか思い出してください。

2.モラハラ元彼氏と復縁するともう逃げられないと知ること

モラハラ彼氏と復縁することは、再びアリ地獄にハマること意味します。一度抜け出したアリ地獄だから、また何時でも抜け出せると思ってはいけません。もう二度と抜け出せないようになる可能性があります。もしかしたら復縁後は早く結婚へと進めるかもしれません。モラハラ彼氏と結婚したらもっと抜け出すことが困難になります。以前の記事でも紹介していますのでぜひこちらもお読みください。⇒「モラハラ離婚と後悔しない人生の選択」

ある女性のお話を紹介します。モラハラ彼氏と別れたけれどもモラハラ彼氏の策略にハマってしまって、復縁してしまった女性のお話です。

モラハラ元彼氏と中途半端に付き合わない

A子さんは1年付き合ったモラハラ元彼氏と何とか別れることができたけれど、すぐに元彼氏が復縁を迫ってきました。もう二度とモラハラ彼氏の元に戻りたくないと決めて電話もメールも一切無視していたけれど、「どうしても渡したいものがあるから」と言われてもモラハラ彼氏と会わないことになりました。そして元彼氏から渡されたものは指輪でした。「母の形見だけれど、ずっと愛している女性にあげようと決めていた」と言って元彼氏の母親の遺品である指輪を渡してきたそうです。

女性はなぜモラハラ元彼氏がこんなことをするのか理解できないけれど、それを受け取ってしまったそうです。そしてそのままズルズルと元彼氏と復縁する形になってしまい、一度別れたこともあり今度はもっと束縛が激しくなってしまい抜け出すことができないようになりました。

モラハラ彼氏の行動は理解できることはありません。理解する必要もありません。ましてやモラハラ彼氏の行動に合わせることは決してありません。モラハラ彼氏と別れた後は一切縁を切って、二度と会わないようにしましょう。

3.モラハラ彼氏の復縁から逃げる方法

モラハラ元彼氏は復縁を迫ってくると、多くの場合はしつこく復縁を迫ってきます。しつこいからと言ってモラハラ元彼氏からの電話やメールを受ける必要はありません。完全無視しましょう。モラハラ元彼氏からの電話は受信拒否設定をしていれば、携帯電話にモラハラ元彼氏の名前も出ることがないので安心です。

メールも拒否したいところですが、拒否設定するのはやめておきましょう。今後モラハラ元彼氏の行動がストーカー化してきたとき、警察に相談する際にそのメールを見せることができます。受信したメールは開かないで別フォルダーに保存すると良いです。

もしモラハラ元彼氏が自分の周辺に現れたり、中傷誹謗行為をするようなことがあれば警察に相談してください。また同時に女性相談センターや民間シェルターにも相談しましょう。女性相談センターはすべての都道府県に設置されています。国の機関である内閣府男女共同参画局のホームページでは各地の女性相談センターや民間シェルターが紹介されています。

モラハラ元彼氏から明らかな被害がなくても目に見えない精神的被害は起きているのなら、すぐに専門家に相談してください。

まとめ

モラハラ元彼氏とは絶対に復縁してはいけないとまでは申しません。たとえモラハラ元彼氏でも本人が自覚さえすれば変わる可能性があるからです。

またモラハラ被害者であった貴女も、自分自身が持っているモラハラを受けやすい性質を理解して変わることができたら、モラハラ元彼氏も変わるかもしれません。

モラハラ元彼氏との復縁を考えるときは、自分の考え方を見直してください。「私が彼のモラハラ性質を治してあげなくては」「彼の幸せにするのは私だけ」と思っていたら、まだ貴女の中にはモラハラを受けやすい性質が残っています。残った状態でモラハラ彼氏と復縁すると同じ苦しみを受けるだけです。

貴女が自分の幸せの未来をどう考えているか。その未来では自分はどんなことをして幸せになっているのか明確にすることを先に行ってください。その未来のイメージにモラハラ元彼氏が入っていても貴女が幸せになっているのなら復縁を選んでも心配ないです。

すべては自分の幸せが先。あなたが幸せになれたら周りも幸せになります。

こちらの記事もぜひお読みください。⇒「モラハラ彼氏と別れた後にハッピーになる5ステップ」