モラハラ離婚前に知っておきたい子どもとの面会交流

モラハラ夫婦が離婚することが決まったとき、夫婦だけの家族だったらそれで一切会わなくてよくなります。しかしモラハラ夫婦の間に子どもがいる場合は複雑です。別居後や離婚後にどうやって子どもと面会していくのか、モラハラ夫(妻)と子どもを合わせるときにどんな問題が起きるのか先に知っておきましょう。

子どもの面会交流とは?

離婚後または別居中に同居していない親と子どもが定期的に会ったり、メールや手紙等で交流することを、面会交流(または面接交渉)と言います。本来は子どもの権利と福祉のために作られている権利ですが、親が子どもに会える権利と誤解されています。

子どもの面会交流を行うには、夫婦間で様々な条件を具体的に取り決めることになっています。

  1. 面会の頻度
  2. 時間(何時から何時まで)
  3. 面会場所
  4. 受け渡し方法(子どもをどのように引き渡し、どのように戻すか)
  5. 同席するかしないか
  6. 宿泊の可否
  7. 面会するための条件(養育費の支払いなど)
  8. お互いの生活に詮索しないこと
  9. お互いの悪口を子どもに吹き込まないなどの子どもへの配慮を約束する
  10. 子どもへのプレゼントの内容(高価なものを買い与えない、など)

これは最低限の内容です。他にも不安に思うことは事前に取り決めをしてから面会交流を始めたほうが、後々のトラブルを避けるためにもいいです。面会のため以外には家に近づかないことも書き加えたりと自分自信が望む条件を提示してみてはいかがでしょうか。全てが合意されるかはわかりませんが、子どもの安全のためとして考え出してください。

面会交流の取り決めは夫婦間で決めることですが、モラハラ夫(妻)とは冷静な話し合いができないではずです。離婚調停を申し立てるとは別に面会交流の調停を家庭裁判所に申し立てて決めることができます。第三者が入いり子どもの意向も配慮されるので、モラハラ夫(妻)と顔を合わせずに解決することができます。また子どもにも過度に負担がかかることがないように進行されます。

面会交流が許可されないケース

裁判所は基本的に同居していない親と子供を面会することを認める方針ですが、以下の場合は面会交流が認められない場合があります。

1.過去に子どもに暴力をふるっていた場合

過去に子どもに暴力をふるって子どもがトラウマになっていたり、子どもと合う事でまた暴力振るう可能性がある場合は面会を制限されます。

2.精神的にマイナスの影響がある場合

子どもが乳幼児の場合は、母親も面会に同席が必要になります。しかし母親が精神的にモラハラ夫と会うことが難しい場合は、面会後に母親が子どもを監護できなくなる可能性もあるので、面会を制限する場合もあります。

3.子どもが面会を拒否している場合

子どもが10歳以上になると子どもの意志が尊重されます。家庭裁判所の調停員が子どもと面談して、自分の意志で面会を拒否していると判断されたら、無理やり面会交流を行うことはできません。

4.相手に違法行為がありそうと判断された場合

相手が薬物使用をしている可能性があったり、子どもと面会交流して子どもを連れ去る可能性があると調停員が判断したら、面会交流は認められないでしょう。

モラハラ夫(妻)と子どもを面会させることは拒否できるの?

モラハラ夫(妻)と子どもが面会交流が認められたら、気持ちはあまり良いものではないですね。やっと離れられたのだからモラハラ夫とはできるだけ顔を合わしたくないでしょう。子どもがモラハラ夫と面会すること出来たら拒否したいと思うところですが、いろいろと問題があります。

もし子どもを養育している側の親が自分の感情だけで面会を拒否した場合はペナルティーで「1回3万~5万」の罰金を支払はなくてはなりません。2013年に最高裁判所で出た判決で、調停や審判でしっかり取り決めを行ったのに、面会交流を拒否する親に対して「間接強制ができる」という判決が確定されています。これは養育側の親だけが拒否したときだけでなく、養育していない親が面会時に取り決めた条件を守らない場合(養育費を支払わない、面会時間を破るなど)があったら同様です。子どもがモラハラ夫との面会を続けるうちに子どもが「会いたくない」と主張すれば、再度裁判所に申し立てして面会を拒否できます。

しかし長い目でみるとモラハラ夫の場合、面会がそれほど長く続かない場合ことがあるそうです。離婚が決まってからある期間しっかりと子どもと面会ができて満足できたら、「子どもに会わせろ」とは言ってこなくなるそうです。もしかしたら、離婚後に別のモラハラできる相手が見つかるかもしれません。ですから、あえて面会交流は拒否するよりは認めて、養育費をもらえるようにしましょう。もし元妻(あなた)が離婚前と同じようにモラハラ夫にとって大好物な恐怖心を表す表情を見せていたら、その表情を見たいがために子どもの面会交流を続けるかもしれません。モラハラ夫の元を離れたらできるだけ自分の体と心を癒して、モラハラ夫に対抗する気力を取り戻していきましょう。

別居後モラハラ夫(妻)側に子どもがいる場合、注意したいこと

様々な事情で子どもを置いて家を出てしまったとき、子どもと逢いたくてたまらなくなりますよね。抱きしめてあげたいと思う事でしょう。その感情のまま子どもに会いに行って、子どものモラハラ夫(妻)の了解もなく連れて帰ってしまうと、子どもの親権を取るときには違法性のある行為があったとして不利に働きます。

そうならないためにも、別居中でも離婚調停前でも子どもの面会交流の申し立てを起こすことは可能です。モラハラ夫(妻)に拒否されても、裁判所の調停で面会交流が認められたら、定期的に子どもと会うことができるようになります。

面会交流はいつまで続くの?

子どもがモラハラ夫(妻)と面会が続くのは精神的につらいものがあります。面会が子どもが何歳になったら終わるのだろうかと先の遠い未来を眺めてしまうかもしれません。そのため面会交流には期限があるのかを調べてみました。

その結果、特段に期限がないようです。年齢制限もないようです。

面会交流についてモラハラ夫(妻)と取り決めた内容で、もし年齢制限があればその年齢までと期限がつくでしょう。本来の子どもの面会交流の前提が「子ども福祉」のためであるため、子どもがもうモラハラ夫(妻)と会いたくないと意思表明するか、相手の行動が子どもの福祉に悪影響を及ぼす危険性がある場合に、面会交流を中断するように家庭裁判所に申し入れをして認められたら、面会交流は中断するそうです。

子どもが学校の部活動などで社会活動が活発になってくると、それに合わせて面会交流の回数は減らすこともモラハラ夫(妻)に申し入れることもできるでしょう。民法上で子どもが満18歳になったら成人として認められるので、子ども本人が引き続きモラハラ夫(妻)と会いたいと希望したら、その後は本人の意思に任せるしかありません。

子どもとモラハラ夫を面会させることでいいことがあるかも!?

子どもと一緒に暮らしていることはとても幸せです。モラハラ夫は自分に対してはとても酷い精神的暴力をしたけれども、毎月子どもの養育費を支払ってくれている事実があるなら、モラハラ夫に感謝してみてください。モラハラ夫とは物理的に距離が離れたし、毎月養育費を支払いがあることはモラハラ夫が同意してくれたからです。モラハラ夫に対しての怒りは十分すぎるほど日々感じていると思いますが、いったんそれを横に置いて、子どもと一緒に暮らせている事実だけを見てモラハラ夫に対して心の中で「ありがとう」と言ってみてください。少しだけ気持ちが明るくなりませんか?

子どもにとって母親が元気で明るい表情を浮かべていることは、とても嬉しいことです。また母親がモラハラ夫に対して「ありがとう」と言っていたら、子どもにとっては最大級に嬉しいことだと思います。なぜなら、別れて暮らしている親でも子どもにとっては血のつながった両親だからです。子どもは両親が離婚して寂しい想いをしているはずです。そんなときに母親が優しくて父に会う事も好意的な様子を見れたらとても嬉しくて、離婚前より離婚後のほうが良いと感じるかもしれません。

もし子どもができるなら、モラハラ夫へ手紙を書かせてあげてはいかがでしょうか。もちろんあくまでも子どもの気持ちを尊重して、子どもが父親に手紙を書きたくないと言ったならば、手紙を書く必要は全くありません。自分を守ってくれている母親には表に出せない気持ちがあるかもしれません。もしかしたら父親に会いたいかもしれません。会えないけれど気持ちを伝えられたらと思っているかもしれません。子どもが気持ちを出せていない様子でしたら、気持ちを出すために手紙を書かせてはいかがでしょうか。

まとめ

モラハラ離婚では、誰もが大きな影響を受けてしまいます。精神的に不安定になるかもしれません。でももしかしたら、ちょっとの工夫で両親も子どもも離婚して良かったと思える環境に変わるかもしれません。

私はどんな状況でも感謝の気持ちで「ありがとう」と言うと、状況は良い方向に変化すると思っています。私はそれで実際に変化できたと感じています。

子どもとアカルイ未来を進めることを願っています。

 

こちらの記事もお読みください⇒モラハラ離婚を決める前に考えたい子どもの親権