【過去生のお話】人生が上手くいかないと思う時に知っておくと楽になる秘密のお話

仕事や学校や家庭生活でなんだか毎回上手くいかないとか、自分の人生が上手くいかないと思う時ってありませんか?そんなときは仕事や学校へ行く時は気分が落ち込むし、生活するにも元気が出てきませんよね。無理して元気を出す必要はないけれど、落ち込む気持ちから少し離れてみると少しは気分転換になると思います。今回はそんなときに読んでいただきたい、人生が上手くいかないと思う時に知っておくと楽になる秘密のお話をします。

人生が上手くいかないスピリチュアル的理由

私たちの人生の中でさまざまな「人生が上手くいかない」という時を経験しています。病気、けが、事故、家族関係の不和、、恋愛、結婚、仕事の失敗、借金、最近は自然災害の被災があり、「人生が上手くいかない」ことを数えるときりがありません。

そんな人生に起きる問題を避けるために、よく考えて様々な対策や努力をして解決をしてきます。人生に起きる問題を一つ一つ乗り越えることで経験も積んでいき、それが人間としての成長につながることは間違いありませんん。

しかし時には人生のなかっで同じ問題が繰り返し起きたり、同じ問題が何十年も続いたりしていることを経験している方も少なくないと思います。問題を解決するために自分や他人に問題の原因を探るよりは、スピリチュアル的視点から問題を見つめてみてはいかがでしょうか。

これからお話することがこの記事を読んでいただいている貴方の悩みに少しでもヒントになれたら嬉しいです。

1.今の問題は過去生が残した宿題

人生が上手くいかない時は、周りの人に嫌な感情を持ったり、イライラして周りの八つ当たりしたり、そんな自分を嫌いだと思うことがあるのではないでしょうか。

そんな時はついついその問題を解決したいと思ったり、そんな気持ちがなくなればいいと思うものです。でもそんなに簡単に上手くいかないですよね。それどころかこんな考えを持つ自分が悪いと責めてしまう場合もあります。

自分を責めないでもいいのです。これは誰もが思う自然な感情なので心配しなくても大丈夫!

でもこんな時、見えない世界(潜在意識の世界)では何が起きているのか分かりますか?これを知っておくと嫌な感情が起きている自分を責めることが無くなります。

それは、過去生のカルマの解消です。

全世界の人口は70億人と言われています。そんな中であなたの人生に出会う人は数百人です。

先人の言葉には『袖振り合うも他生の縁』があります。この意味は、道のいきすがりに袖が振れ合うような偶然でほんのささやかな出会いであっても、それは前世からの深い縁で起こること。人との絆を大切にしましょうという想いがあります。

人生の中で出会う人は相性が良いひともいれば、相性が悪い人とも出会います。今が人生が上手くいかないと思っているときは相性が悪い人との出会いが多いとも感じるでしょう。

なぜだか分からないけれど相手から嫌われたり嫌な思いをしたり、自分が苦手意識を持っている相性が悪い人とは、過去生ではその相手の過去生に嫌な思いをさせているために相手は過去生の怒りの感情を持ったままこの世で出会っているのです。

つまりあなたと相手は負のカルマを持っています。相手自身もなぜだか理由は分からないけどあなたに対して嫌悪感の感情が出てしまって行動を起こしています。相手はおそらく頭では意地悪な行動はしたくないのだけど、どうしても嫌いな思いが出てしまって行動してしまっているのです。

これは負のカルマが起こしているためです。

ではどうしたら相手との負のカルマが解けるのか知りたいですよね。また過去生ではどんなことをして相手に嫌な思いをさせたのかも知りたいと思います。

安心してください。それは簡単です。今のあなたが受けている嫌な思いを現状が過去生で相手にしていたことです。今回の人生であなたが相手から同じように嫌な思いを受けることで負のカルマは帳消しされます。

でもできることなら早く負のカルマが消えてほしいと思います。その方法もあります。

相手の気持ちを心で思いながら謝ることです。ただ「ごめんなさい」と相手を思い浮かべて謝ると負のカルマの解消を促すことができます。

これはいつでもどこでもできます。相手に直接言葉で言うのではなく、あなたの心の中で謝るだけです。

1回謝るだけでも効果はあります。相手の嫌がらせな行動が現れなくなるときもあります。でも本当に負のカルマを解消するためには何度も何度も継続して謝ることが大切です。

私も実際に行ってみた時、1回目で相手の行動に変化が現れましたが、1回だけでは効果は長続きしませんでした。何度も何度も継続していくうちにその相手との関係で悩むことがいつの間にかなくなっていました。

心の中で「ごめんなさい」と言い続けることで本当に現実に変化が現れます。

カルマを解消して人生を楽しいものに変えていきませんか

2.両親・兄弟姉妹・パートナー・義両親とは過去生の愛情のお返しをしている

先ほどは今の人生を生きている間に出会う人たちとは、過去生からの縁があるとお話しましたが、家族として縁をもっている人たちはとても強い縁がある人たちです。

過去生の時に子どもとしてお世話になった人は、今世では逆に親になってお世話になった人を子どもとして迎えて無償の愛を育てます。お世話になる人は親から無償の愛を受け取ることでバランスを取っていきます。

兄弟姉妹も同様で、過去生では兄だった人が今は弟または妹になっていたりします。

義両親も実は同じです。パートナーの両親なのでお世話を受けるよりはお世話をする側になります。つまりそれは過去生ではお世話を受けていたので今回はお世話をするために出会うことを決めて生まれてきています。

家族として関係がある人達はとても強い絆をもって再び会っているのだと思います。

家族間での不和は人生がとても暗く感じると思います。身近な家族だからこそ許せない感情があっていつまでも続けてしまいます。

親子や兄弟姉妹での家族間の不和は過去生でも同じ問題が起きて解消できないまま、今の人生でやり直しをしています。つまりこれも「負のカルマの解消」です。

どんな環境でも、どのような問題でもそこには必ずしあわせの種が隠れています。そのしあわせの種は今の与えられた環境で最善を尽くしているときに見つかります。そしていつの間にかあなたの未来が輝いているはずです。

人生が上手くいかない時にこそしあわせの種を蒔いていく

人生が上手くいかないと感じている時は、愚痴をこぼしたりしていませんか?

愚痴をこぼしている時のあなたの表情は暗かったり怒っていたりして、周りの人は表面上は同情をしていても何度も愚痴を聞いているとあなたに近づきたくなくなってしまいます。

愚痴はあなたから負のエネルギーが放出されて、周りの人に振りまいているからです。負のエネルギーが周りにも影響を与えてしまうので他人はあまり近づかなくなります。

愚痴は人だけでなく幸運なことも遠ざけることになります。愚痴のエネルギーは幸運を遠ざけて同じエネルギー持つ不運を引き寄せるので、愚痴を言っている間は「負のカルマ」は解消しません。

負のカルマを解消するためには、しあわせの種を蒔いていくことです。しあわせの種まきとは、あなたにしあわせが帰ってくるために行うことです。しあわせが帰ってくるのは多少タイムラグがあるかもしれませんが、必ず帰ってきます。

しあわせの種は今この瞬間から簡単に蒔くことができます。以下の3つのことをするだけです。

  1. 愚痴を言うのをやめる
  2. 「ありがとう」の感謝の言葉を出す
  3. 誰かのために何かをする

愚痴は不幸せの種まきですが、「ありがとう」の感謝の言葉はしあわせの種まきです。感謝の言葉は誰かが自分に対して特別なことをした時だけに言う言葉ではなく、日常のどんな場所にも感謝の言葉を使う機会があります。

たとえば、コンビニで商品を買ったときに店員さんが袋に商品を入れてくれたとき、感謝の言葉「ありがとう」を言う事ができます。郵便屋さんが手紙を運んでくれたときにも「ありがとう」をいう事ができます。お母さんがお弁当を作ってくれたとき、夕食を作ってくれたときも「ありがとう」と言うことができます。

「ありがとう」の感謝の言葉は一日に何度も言うことができますので、たくさんしあわせの種を蒔いてください。

また、「誰かのために何かをする」ことも日常で簡単に行うことができます。

電車で高齢者や小さな子どもを連れたお母さんに席を譲ることだけではありません。道端に落ちている空き缶やごみを拾ってごみ箱に捨てることも「誰かのために何かをする」ことになります。

職場ではみんなで共有しているテーブルを綺麗に拭くことや、書類やファイルを整理することなども「誰かのために何かをすること」になり、しあわせの種を蒔いています。

しあわせの種を蒔いたら、そのあとは気にしないようにしましょう。「しあわせの種を蒔いているのに、全然しあわせの花が咲かない、私の蒔き方が悪いの?」と考えなくても大丈夫です。

愚痴のエネルギーはとても強力なので、そのエネルギーを消すために使われているかもしれません。しあわせの花が咲くまでには時間がかかることはよくあるなので心配ありません。

しあわせの花が咲くのは1年かもしれませんし3年かもしれません。

ただただ、楽しんでしあわせの種を蒔き続けていると、いつの間にかあなたの周りにしあわせの花が咲いていることに気づきます。

ぜひ楽しんでしあわせの種を蒔いてくださいね。

最後に

いかがでしょうか。

人生が上手くいかな時は他のことまでも上手くいかなことが起きやすくなります。

でもその環境のままでもあなた自身の気持ちや行動を変えてみることで、上手くいかなかった問題も変化が起きやすくなります。

「人生を望むものに変える」と決めることで動き出します。

自分の人生を自分の望む方向へと変えていきませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事も読まれています。⇒「仕事の人間関係に疲れたときの人生が変わる5つの質問」