夫の浮気が心配?浮気の10個の兆候&浮気を探る心理

私のブログに訪れていただいありがとうございます。今このブログ記事を読まれているということは、もしかしたらあなたは浮気について興味があるのでしょうか。夫の浮気やその兆候についてもし気になるようでしたら、ぜひこの記事を最後までお読みいただけると、最後はアカルイ気持ちになってもらえるのではないかと思います。

夫の浮気の兆候

まずは一般的に浮気の兆候として挙げられているTOP10を紹介します。

  1. スマホにロックをかけるようになった
  2. スマホを浴室やトイレに持っていくようになった
  3. 仕事で休日出勤や残業が増えた
  4. 急にプレゼントしたり態度が優しくなった
  5. 仕事で忙しいと言っているけど収入は増えない
  6. 夜の営みが少なくなった
  7. 見慣れないハンカチやネクタイがある
  8. 仕事の愚痴を言わなくなった
  9. ヘアスタイルやファッションセンスが変わった
  10. 携帯電話使用料金が増えた

浮気の兆候を10個出しましたがこれで夫の行動に該当するものはありましたか?

ここに10個の兆候を出しましたが、これはほんの少しです。浮気の兆候を出したら20個でも50個でも100個でも出すことができます。

「えっ!100個も!!」と驚くかもしれませんが、浮気の兆候を探したらきりがありません。それは浮気を疑うと全ての行動が浮気のように目につくようになっているからです。どんな行動でも浮気として理由づけることができてしまうからです。

確かに上記にあげた浮気の兆候で本当に浮気が見つかった場合もあります。でもそれは常にそうであるということではありません。

夫の浮気の兆候を調べるときの2つの注意点

夫の浮気の兆候を調べるときはいくつかの注意点があります。

1.浮気の兆候を探すあまりに夫を信じられなくなる

浮気の兆候を見つけるあまり勝手に夫のスマホを覗いたりして、もしそれが夫にバレたら夫婦関係が悪化するでしょう。また夫の行動を観察するだけでなく、浮気について聞き出そうとしてしまうことも、夫婦関係が悪化することにつながる可能性があります。

浮気をしていないのに妻から浮気を疑われると男は自尊心を傷つきます。大切にしている妻から浮気を疑われて良い気持ちになる人はいません。男はそこで浮気を否定しても、その言葉がさらに疑われる可能性があると思い口を閉ざしてしまうことがあります。

ちょっとのすれ違いが大きな溝になっていき離婚につながる可能性があるので十分に注意した方がよいです。

2.本当に浮気があったとき証拠が隠滅される

本当に夫が浮気をしていた場合、妻が浮気を疑っていることに気が付くと夫は浮気の証拠を隠そうとします。

浮気の証拠が隠滅されると、もし離婚することになったときに証拠が見つからないと慰謝料請求ができない場合があります。

浮気の兆候だけで浮気を確定しないように気をつけてくださいね。

妻が夫の浮気を疑う心理

夫が浮気をしているのではないかと疑ってしまうと、そこから夫の行動のすべてが浮気につながるように意識してしまいませんか。浮気の兆候はあくまでも兆候です。兆候だけで夫が浮気をしているという証拠にはなりません。

確証のない兆候だけで浮気だと断定してしまうと夫婦関係が悪化する可能性が大きいです。

人がパートナーの浮気を疑う時は、自分の意識に『浮気』というキーワードが存在するからだと言われています。身近な人である夫の行動に浮気をしている兆候がないかと探してしまうことがあります。

最近こんなことはありませんでしたか?

1.浮気や不倫をテーマにしたドラマにハマってしまった

浮気や不倫のドラマって非日常の世界ですから見ていてドキドキしますよね。そんなドラマの男性俳優はけっこうエクシー系だったら、さらに自分もこんな男性と恋愛をしたいと思ったりします。そんなとき脳にはささやかな浮気願望が生まれます。

浮気願望が湧いてくるとき人は罪悪感も一緒に持ってしまいます。女性は特に一人の男性しか愛せないという性質を持っているので、夫以外の男性を好きになることはいけないことと思っているからです。

現実逃避としてドラマの中だけと空想の世界で浸ることは全く悪いことではありません。韓国ドラマにハマる女性のように堂々と空想の世界に浸ってOKです!^^

2.女友達と浮気や不倫について会話したとき

友達とおしゃべりしている時に浮気や不倫が話題になると盛り上がることありませんか?たくさん浮気について話すと脳には「浮気」がインプットされます。もっと浮気を探したいと知らず知らずのうちに「浮気探し」を始めます。

夫の浮気を疑ってしまい浮気の兆候を調べ始めるときりがありません。

人は自分の価値観だけで物事を見て判断してしまいます。思い込みが激しい人はただ兆候だけでそれを真実だと決めつけてしまう傾向があります。そんな人は「男は浮気をするのが当然だ」と思い込むクセを持っています。

自分が作り出した考えが事実だと思ってしまうと夫婦関係が悪化の一途をたどってしまいます。深みにはまらないように気を付けてください。

3.女友達が浮気や不倫をしてしまったと告白された

仲の良い女友達から浮気や不倫をしてしまったと悩みを聴いたとき、自分の身近に浮気があるということを知ります。ドラマの世界だけでなく現実の世界でも起きていることに気づきます。

そうするともっと身近な存在の夫も浮気をしているのではないかと疑ってしまうかもしれません。

先ほども書いたように浮気を疑いだしたら、夫の様々な行動が浮気に繋がるように考えてしまいます。そればかりに意識していると脳が常に浮気を探すクセがついて負のスパイラルに落ちてしまいます。

あまりに浮気を疑いすぎると夫が嫌気を感じて、本当に浮気をしてしまう可能性も出てきます。そうすると妻自身で浮気を引き寄せたことになってしまいます。

浮気の兆候探しで良い結果が生まれるわけではありません。確実な浮気を確認できないのであれば浮気の兆候探しは止めておくと良いと思います。

男が浮気をする確率

20代から50代の既婚男性245人に対して「妻以外の女性と浮気をしたことがあるか」という調査をしたところ、24%がYESと回答しました。(リサーチサービスmind sonar調べ)

この結果を見て「男性の4人に1人が浮気をしていて多い」と考えるか、「4人に3人は浮気をしないのね」と考えるかに二つに分かれるかと思います。

「男性の4人に1人が浮気をしていて多い」と考えることは、価値観の違いで多いか少ないかと変化します。

「4人に3人は浮気をしないのね」と考えることは、結果の事実をポジティブに見ています。ネガティブな見方をすると「4人に1人が浮気をする」という見方になります。

物事をどのように捉えるかは人それぞれ違ってきます。

貴女はどちらの捉え方を選択しますか?

まとめ

夫の浮気の兆候と浮気を疑う心理はいかがでしたでしょうか?

少しでもアカルイ気持ちになっていただけたら嬉しいなと思います。

夫の浮気について兆候を調べても良いことが起きるわけではありません。逆に自分で疑いを増やしたり嫌なものを見つけ出したりして、自ら不幸を創り出すことにもなりかねません。

たとえ浮気のドラマにハマっても、友達から浮気の話を聞いても心配ありません。『私の夫は大丈夫!私と夫は信じあっているもの』と思うだけ切り離せばいいです。

信じるものだけが現実になり真実になります。

もしどうしても夫の浮気を疑ってしまうときはこちらの記事をお読みくださいませ。⇒「既婚者が浮気をする心理&浮気をしない人の特徴」

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。