【夫の浮気】離婚を決意する前に後悔しない道を探しませんか

夫が浮気をしたら即離婚と考える女性が多いと聞きます。ネットの質問版を見ても「そんな男は捨てたほうがいい」「浮気を許しても繰り返すだけ」と離婚を促すアドバイスが見られます。浮気が分かったときに離婚の道は選択のひとつです。ひとつだけの考え方だけにとらわれていると後で後悔することになるかもしれません。夫が浮気をしたときに感情的になって離婚を決意する前に、しっかりと自分はどうしたいのかを考えて後悔しない道を探しませんか。

後悔とはどうして

ことわざで『後悔先に立たず』があります。これは「既に終わってしまったことをあれこれ悔やんでも取り返しがつかない」という意味です。

「もっと頑張れば良かった」「あんな事を言わなければ良かった」「しっかり準備していたら良かった」と過去のことを「たら・れば」で後悔しているときに、『後悔先に立たず』と使われます。

一番大きな後悔は、自分が「できることをしなかった」「分かっていたのにしなかった」場合に大きな後悔におそわれます。

今少し考えてみてください。今より40年50年先のことです。あなたが人生を終える瞬間が迫ってきました。今自分の人生を振り返って何か後悔しています。「あの時あの人にあの言葉を言わなければ良かった」「あの時自分はなぜアレをしなかったのだろう」

皆さまは何を思い浮かべましたか?人生を終える前に気づくよりも今気づいたら、後悔は最小限に抑えられるます。思い浮かんだものを今対応していきましょう。

ことわざで『後悔先に立たず』の意味は、「既に終わってしまったことをあれこれ悔やんでも取り返しがつかない」でしたが、ここで終わってしまうとアカルイ気持ちになれませんよね。

この言葉の続きを自分なりの言葉を考えてみました。「後悔は私の人生の肥し。後悔をこれからに生かせばいいわ」

ぜひ皆さまも自分の言葉を見つけてみてください。

離婚で後悔しない道の探し方1.自分主導で離婚を決める

夫の浮気が発覚した時はショックと怒りの感情から「離婚する!」と言い出したくなりますが、それは抑えてください。また夫が離婚をしたいと申し出てもすぐに決める必要はありません。

感情的になって離婚へ突き進むと必ず後悔します。また夫の言いなりのまま離婚を受け入れても自分が決めたことではないので後で後悔します。時間をかけて精神的ショックを癒しながら自分を一番に考えて、また子供がいるのなら子供の人生にとって良い道を探すことです。

浮気をした夫は離婚を切り出す前に時間を考えて切り出しています。夫側は既に離婚について決心できているはずです。まだ妻が冷静になれていない状態で離婚の話し合いはできません。きっと妻に不利益になるでしょう。

今後の人生に後悔しないためにも離婚については時間をかけて考えていくべきです

2.離婚するメリットとデメリットを考える

離婚で後悔しないために大切なのは冷静に離婚後の生活をメリットとデメリットを明らかにすることです。自分にとって大切なことは何なのかを紙に書き出すことをお勧めします。

離婚するデメリット

離婚経験者で離婚後に後悔したポイントをまとめてみました。

  • 収入源が減る、生活が不安定になる
  • 全てのことを一人でしなければならない
  • 子供が受ける離婚の影響
  • 子供を一人で養わなければならない
  • 親族や友人など周囲の目が気になる
  • 離婚後に様々な手続きが手間だった

離婚すると女性は男性よりも様々な社会的な影響を受けやすいです。女性は姓を変更したら預金通帳やパスポートなど変更しなくてはなりません。

夫婦に小さな子どもがいる場合は、親権は母親が得ることが多いのでシングルマザーになるでしょう。別れた元夫から養育費を受け取れますが、それだけで生活することは困難です。仕事をしながら子育てをしなくてはなりませんから大変です。

デメリットを書き出すことで離婚することを取りやめる道を選らぶかもしれません。それでもいいです。夫との関係を再度作り直すことができるのも後悔ない人生を送ることになるでしょう。

でもその前に離婚するメリットも考えてみてください。

離婚するメリット

離婚経験者が離婚したことで得られた喜びの声を集めてみました。

  • 夫の浮気癖から解放される
  • 子供に夫の浮気を見せなくてよくなる
  • 夫婦喧嘩がなくなる
  • 夫の怒鳴り声を聞かなくてすむ
  • 経済面でも精神面でも様々な面で自由になれる
  • 仮面夫婦を演じなくてもよくなる
  • 自由に恋愛ができる
  • 再婚ができる
  • ひとり親家庭だと公的機関のサポートが受けやすい

同じ問題をネガティブに考えるかポジティブに考えるかによって、離婚の受け止めた方や人生の楽しみ方は異なってくるように思います。

離婚してひとり親になったからと言って子育てを全てひとりで行うことはできません。周囲や公的機関のサポートを利用すれば、結婚前よりも楽しく子育てができる可能性もあります。今は元気なシルバー世代が熟練した技で家事や育児を手伝ってくれます。参考までにこちらをご覧ください「全国シルバー人材センター

3.離婚の悩みを専門家に相談する

夫の浮気問題、その他の夫婦問題で悩んでいるとインターネットで調べたり、近くの友達に相談したりします。それでよくある後悔は不要な情報まで集めてしまうことです。

不要な情報まで頭に入れてしまうと自分の悩みの本質が見えなくなってしまいます。離婚を考えるとなると人生の岐路に立っているわけですから、自分の悩みを整理して自分の人生をどうしたいのか整理するためにも専門家に相談すると良いです。

最近は様々なカウンセラーやコーチが増えています。増えているからこそ誰を選んだら良いのかわからなくなるかもしれませんが、深く考えないで自分の直感で見つけた人に相談すると良いです。私はいつもその手で必要な人に出会っています。

大切なのは夫の浮気についての怒りを胸の内に閉じ込めず、言葉に出して吐き出すこと。それによって自分の道が見つかると思います。離婚をすることを決めても、または離婚しないことを決めても、決めることができたなら後悔はしません。

4.離婚後の生活を現実的に考える

離婚後に後悔してしまうケースで多いのは、経済的に苦しい状況になったときです。

離婚後に多くの女性は経済的に苦しくなります。女性が働きに出て収入を得るにも簡単なことではありません。正直体力面から考えてどうしても女性は男性より収入は少なくなります。そのため離婚後の女性は、結婚時から正社員として仕事を持っている女性以外は経済的に苦しい生活になりやすいです。

そのため離婚をするならば離婚後に後悔しないためには、夫から浮気の慰謝料、財産分与、子どもの養育費については、きっちりと話し合って手に入れることができるものは手にしていたほうがいいです。お金のことを話すことが嫌だと思う人もいますが、お金の権利を放棄すると後で苦労して後悔するでしょう。

前の方で述べましたが、「できることをしなかった」とき人は大きな後悔をします。「あのとき夫から浮気の慰謝料を十分に取っておけばよかった。財産分与もしっかりと財産を調べておいたら良かった」と後悔するケースがあるからです。

現実を考えることは、これから自分の人生を歩むために大切なことです。現実は決してネガティブに考える必要はありません。自分がどうしたいのか分かっていれば、それを実現するために必要なお金を受け取ればいいのですから。

後悔しない人はいない

人生で後悔しない人はいません。もし今まで一度も後悔したことがないという人がいるのなら、その人は自分の人生を歩んでいないかもしれません。

後悔することは悪いことではありません。一つ一つをよく見て修正していけばいいわけです。人生の最後の瞬間に「私の人生は楽しかった」と思えたらそれでよいと思いませんか?

何かに後悔してもそれを経験と捉えて未来には繰り返さないようにするか、後悔に引きずられてずっと過去の出来事に恨み続けるか、それは自分の生き方次第だと思います。

自分の人生を作るのは自分だけ。悩んでもいいのです。悩んだ分だけあなたは自分の人生を大切に考えているから。悩みながらも前に進んで自分の未来をアカルイ未来にしていきましょう。

まとめ

「【夫の浮気】離婚を決意する前に後悔しない道を探しませんか」はいかがでしたでしょうか?

おそらく全く後悔しない離婚はないと思います。ですが離婚することにどれだけ自分の気持ちと向き合って努力をしたかによって、その後の人生は違ってくるはずです。

夫の浮気がきっかけで離婚することになっても自分が後悔しない、そして夫の責任にもしないで自分の人生を歩むことをしっかり考えて、自分の人生の道をつけることを離婚前にしておくことです。

自分で決めたことは決して後悔はしません。そしてどのような人生を送るか決めたことは必ず実現します。心配しないでくださいね。

こちらの記事もお読みくださいませ。⇒「別居・離婚する前に知っておくと得する財産分与の分け方」

最後までお読みいただきありがとうございました。