女の浮気を本気にさせない!ハッピーになる5つの浮気防止策

浮気は男だけがするもの。俺の彼女は大丈夫!だと安心していませんか?貴方が安心しているとき、彼女は不満を抱えているかもしれませんよ。女は愛情に不満を抱えているとき浮気をしている可能性があります。女の浮気は本気になりやすいと言われていますが、その理由はどうしてでしょうか。もし彼女の本気の浮気が心配な男性は、女の浮気を本気にさせないように5つの浮気防止策を知って対策をしてみませんか?

男の浮気と女の浮気の違い

男女の浮気の違うを書いたブログ記事は多くあります。それを読むと、男の浮気と女の浮気の違いを説明するとき人それぞれ言い方が違うことが分かりました。

  • 男の本能は「多くの子孫を残すこと」、女の本能は「強い男の子供を残すこと」
  • 男は「性欲で浮気する」、女は「感情で浮気する」
  • 男は「身体で浮気をする」、女は「心で浮気をする」
  • 男の浮気は「たちが悪い」、女の浮気は「罪が重い」
  • 男の浮気は「遊び」、女の浮気は「本気」

ほとんどは一理ある言い方だと思います。しかし「女の浮気は『罪が重い』」というのはちょっと違うと思います。浮気が罪ならば男女共に罪であるわけですし、性別で軽い重いが別れるのはちょっとどうなのでしょうか。

ここからは私の解釈で書いていきます。

私は別の言葉で男女の浮気の違いを説明するとしたら、「男は本能で浮気をして女は生理的に浮気をする」でしょうか。

男は本命の女性がいても、彼女との関係が安定していると次の子孫を残せる好みの女性を本能的に探します。本命の彼女とデートしていても好みのタイプの女性が近くを歩いていたら、そちらに視線が向いてしまうということは多々あります。

本能で女を探していても、実際に浮気をする男性はそれほど多くはありません。多くの男性は本能を抑制して浮気をしないですから。

女は生理的に浮気をするというのは、女が愛することができるのは一人の男だけですから。今の彼氏を本気で愛しているときは他の男を愛することができません。生理的に引き寄せません。近くに男がいて友好関係はできても恋愛関係にはなりません。

たまに複数の男性と付き合える女性もいますが、それは本気で好きではなくて金銭的や地位的な目的などがあるからかもしれませんね。

女が本気の浮気になってしまう理由

基本的に女は一人の男しか愛せません。心から愛しているので、ある程度彼との恋愛が不安定であってもその男性の気を引くために、尽くしたり女磨きをしたりと努力します。それでも彼が自分に愛情を与えてくれないと感じると、女はしあわせを感じられなくなり、しあわせを求めるように本気の浮気という行動へと進んでいくことになります。それではなぜ「しあわせ」が感じられなくなるのでしょうか。

愛情ホルモン「オキシトシン」

人間はしあわせを感じているときにあるホルモンを分泌しています。それは「オキシトシン」という名前のホルモンで、別名「愛情ホルモン」と呼ばれています。

オキシトシンは脳内で分泌されるホルモン物質の一つです。オキシトシンが分泌されると人は幸福感や充足感、安心感を感じることができます。これを分泌されているとき、すなわち幸福感を感じているときに一緒にいる相手には強い親近感を感じることになります。

このホルモンは簡単に発生させることができます。その方法はボディタッチです。

ボディタッチは相手への信頼感の現れですし、ボディタッチされた側にも信頼感を与えることができます。これは肌が触れ合うことでオキシトシンが分泌されるからです。他にも会話したり、視線を合わせるだけでも分泌されます。最もオキシトシンが分泌されやすいのはセックスです。セックスによって大量に分泌されるのは男性よりも女性であると言われています。

だからと言って女性が誰にでもオキシトシンが分泌できるわけではありません。会話したり視線を合わせてもオキシトシンが分泌できないときは、「生理的に無理~」と判断することになります。

相手が彼氏や夫であっても、いつまでも女性はオキシトシンが分泌できるとは限りません。信頼関係が築けなくなったら「生理的に無理~」になってしまいます。セックスレスのカップルで女性側が拒否しているのなら、女性が既に「生理的に無理~」になっているのかもしれません。

注意!オキシトシンの乱用

なお、オキシトシンは点鼻薬として市販されています。

相手が自分に対して好意を抱いていないときに、相手にオキシトシンの点鼻薬を投与して故意に好意を抱かせることも可能ではあります。

相手に点鼻薬を投与して一時的に幸福感や安心感を与えて、自分のことを好きという感情を持たせることもできますが、やはり一時的なものです。継続的にオキシトシンを分泌させるためには自然の力にはかないません。

女の浮気を本気にさせない浮気防止策

女の浮気を本気にさせない浮気防止策ですが、オキシトシンを分泌させるようすることです。恥ずかしくて今更できないと思っていたら、彼女が本気で浮気することを考えてみてください。彼女と愛を育むのと彼女が別の男と本気の浮気をするのとどちらが良いですか?本気の浮気を止めたいと思いましたら、読み続けてくださいませ。

1.少なくとも一日10分彼女と会話する

女性は彼と会話をするだけで本当にしあわせを感じます。交際期間が長くなると恋人たちの会話が減り、メールやLINEだけで愛を繋ごうとしますが、それではオキシトシンの分泌は減少するでしょう。

仕事で忙しいときがあるでしょうが、少なくとも一日10分だけでも彼女と会話することはできると思います。それができないと言うのならば、貴方は彼女のことを好きではありません。ただの自分の所有物として見ています。それでは彼女が本気で浮気をしても仕方がないので諦めてください。

2.彼女に甘えさせてあげる:スキンシップをする

女は心が愛情で満たされていないときはオキシトシンが減少しているときです。彼女が抱きしめたり、キスしたりとスキンシップを求めてきたなら、疲れていても嫌がらずに相手をしてくださいね。

強い女性は自分で自分に愛情を与えることもできますが、それでも100%ではありません。100%だったら恋人は不要ですから。恋人とのスキンシップは最高にオキシトシンが分泌されます。もし彼女が甘える性格でないなら、3番の「彼女に甘える」をしてみましょう。

3.時々彼も彼女に甘える:膝枕を求める

彼が彼女に甘える姿と言ったら「膝枕」ではないですか?膝枕は素敵なスキンシップなので、お互いに大量のオキシトシンが分泌されるでしょう。

彼から甘えられることは自分も彼の癒しの場を与えられているとわかるので、女性にとってはとても嬉しいです。自分に自信が持てない女性にとっては、彼にとって自分の存在価値があるとわかると自信が持てるようにもなります。自己重要感が高まります。自己重要感を与えてくれる男性のそばを女は決して離れません。

4.「愛している」と言う

「愛している」と言うことが恥ずかしくて言えないという古風な男性はいらっしゃいますが、言葉はとても大切です。言葉はすぐに目には見えないものですが、胸に強く残ります。愛ある言葉も愛がない人を傷つける言葉もしっかりと胸に残りますから、どうせ残るなら愛ある言葉を残してほしいです。

「愛している」という言葉は女性にオキシトシン分泌を促すので、女性を美しく輝かせます。女が本気の浮気をしてしまうのは「愛している」という言葉を求めているからかもしれません。

女は何歳になっても男から「愛している」と言われたいものです。韓流ドラマを見ると鬱陶しいくらい男は女に「愛している(サランヘヨー)」と言っていますよね。韓流ドラマを参考にして、彼女に本気度たくさんの「愛している」と言ってみてくださいね。

5.感謝の言葉を伝える

女性にとって一番心に響くのは感謝の言葉「ありがとう」です。3番の「時々彼も彼女に甘える」と同様に自己重要感が高まります。

「愛している」と同様に「ありがとう」の言葉もオキシトシンを分泌されるそうです。女性も彼氏に「いつもありがとう」と言ってお互いでしあわせを増やしていきましょう。

感謝の言葉「ありがとう」は言い過ぎても構いません。言い過ぎるくらいがちょうどいいほどです。貴方のそばにいてくれる彼女に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてみませんか?

まとめ

女の浮気を本気にさせない!ハッピーになる5つの浮気防止策はいかがでしたでしょうか?

女はいくつになっても女です。常に愛で満たされていたいです。一人の男性から愛を受けてしあわせを感じたいです。

愛で満たされた女性はとても美しいです。

高価なブランドの服や装飾品で飾られている女性よりも、パートナーからの愛情で満たされている女性の美しさは比較できないくらいです。

愛情で満たされている女性は決して本気の浮気も遊びの浮気もしないので、男性はたくさんたくさん大切な女性に本気の愛情を注いでください。

こちらの記事も参考になると思います。ぜひ読んでみてくださいませ。⇒「女が浮気をしていそうな9つの兆候&上手く聞き出す3つ方法」

最後までお読みいただきありがとうございました。