【妻の浮気離婚】浮気したことを後悔する9つの瞬間

浮気をして後悔する人によくありがちなのは、一時の快感に酔いしれて浮気がバレたときなどその先のリスクについて真剣に考えるていないことです。遊びのつもりで始めたことが、次第に不徳感や罪悪感が快感にもなり、浮気相手を運命の人だと思い込み、猪突猛進してしまいます。そんな妻は事の重大性に気づいたときには手遅れになっているでしょう。浮気中の女性に今考えていただきたい『【妻の浮気離婚】浮気したことを後悔する9つの瞬間』を書いていきます。

妻が浮気して離婚後に後悔する9つの瞬間

「後悔先に立たず」ということわざがあります。意味は、済んでしまったことを後から後悔しても取り返しがつかないので、事前に十分注意しなさい、です。

自分だけが傷ついて後悔するならまだましですが、周りの大切な人たちにも影響を与えて傷つくのが浮気です。どんな時に周りの人たちに影響を与えているのか、浮気が原因で離婚した妻たちが後悔した経験談をもとにまとめてみました。

1.自分は離婚したのに浮気相手は離婚しなかったとき

妻の浮気が原因で離婚したけれど、妻の浮気相手が既婚者でも離婚する道を選ばなかったケースはよくあることです。妻にとっては夫にも捨てられて、浮気相手にも捨てられた形になってしまいます。

既婚者同士で浮気した場合、必ずしも双方が離婚できるとは限りません。女は強引にでも離婚へと突き進むことができますが、男は社会的事情を考えて離婚を途中で諦めて妻の元へと戻るということがあります。自業自得ではありますが浮気相手をすべて信じ切るのは危険があることを知っておくべきでしょう。

2.子どもに「もう会いたくない」と言われたとき

浮気して離婚しても子供の親権は妻が得る場合が多いのですが、子供は本当に浮気した母親と一緒に暮らしたいでしょうか。ある女性は離婚後に子どもを連れて浮気と結婚したけれど子供はその男には懐くことできずに、元夫と暮らしたいとは母親の元を去ってしまいました。

子どもにとっては本当の父親と一緒に遊んだ思いでが一杯あるのに、強制的に父親と離れて暮らすことになってしまって母親に対して恨むかもしれません。また新しく父親になった男は本当の父親を傷つけた相手だからもっと怒りが込み上げることでしょう。

母親の浮気で幸せだった生活が壊されたことで子どもにとっては心に大きな傷が残り、子どもの恋愛観結婚観に影響を及ぼす場合があります。子どもの人生に影響を与えた母親は後悔してもその罪は消えることはないでしょう。

3.元夫と浮気相手の妻から慰謝料請求されたとき

離婚したあとに元夫からは妻の浮気で精神的苦痛を受けたことに対して慰謝料を請求されることがあります。その相場は200万から300万円になりますが、請求額はそれ以上になる場合があります。請求額が高額だったら調停や裁判で争って減額する可能性もありますが、もし弁護士を雇ったら慰謝料以外にも出費はかさむのは否めません。

また慰謝料を払うのは元夫だけではなく、浮気相手の奥様にも請求されるかもしれません。慰謝料はどちらか一方に支払えばよいものではなく、同じように精神的苦痛を与えているのだから支払うことは当然でしょう。両方から慰謝料を請求されたら500万円以上になる可能性もあります。

慰謝料を支払うだけの財産があれば後悔は少ないでしょうが、失うのはお金だけではありません。

4.両親が浮気相手の奥様に謝罪しているとき

自分の娘が浮気をして離婚したら両親の立場として婿に申し訳ない気持ちが一杯でしょう。愚かなことをした娘を育てた自分たち親に責任があると感じるはずです。今の社会情勢として謝罪するときには、被害者の人に土下座など深く頭を下げることになるでしょう。貴女はご両親が浮気相手の奥様に頭を下げている姿を見て何を感じるでしょうか。イメージしてみてください。

子どもとして両親が浮気相手の奥様に頭を下げている姿を見たら、自分が起こしたことの重大性に気づき心から後悔するでしょう。後悔するまえに今一度本当に両親が頭を下げた姿を見たいのか自分の心に聞いてみてください。

5.仕事を失うまたは左遷されたとき

浮気をして後悔する要因に思いつきやすいのは仕事のことです。

浮気や不倫した男性が会社にバレて役職を失って左遷させられたり、最悪の場合は仕事を失うケースはよくあります。それは男性だけでなく女性でも同じことがありえます。妻の浮気相手が職場の上司だったらどちらかというと男性よりも女性の場合は会社会社は早い段階で退職を求めることが考えられます。今は浮気や不倫に敏感の社会情勢なので、仕事を失うリスクが大きいことは念頭に置いたほうが良いでしょう。

6.慰謝料の支払いのために借金したとき

元夫に支払う慰謝料と浮気相手の妻に支払う慰謝料は、相場の額で計算しても500万円ほどになります。これは一般的な相場であって500万円よりも上がる可能性もあります。女性にとっては500万円を支払うことは、豊かな資産がない限り簡単なことではありません。

借金して慰謝料を支払った女性は、その後に借金返済が完済するまでに10年かかったそうです。その間はWワークして夜遅くまで仕事をしなくてはなりませんでした。自分が起こした浅はかな行動のために、長年にわたり影響を及ぼしてしまい後悔したことは言うまでもないでしょう。

7.浮気相手がモラハラ男だったとき

貴女の浮気相手はどんな男ですか?優しくていつもお金を全部出してくれて、服装にも気を使っていて、プライドが高そうな男ではありませんか?もしかするとその男はモラハラ男の可能性があります。

モラハラ男は家の外ではとても良い人を演じていますが、家の中では妻に対して暴言、無視、嫌がらせなど数知れずのモラル・ハラスメントをしています。モラハラ男は結婚前までは素敵な男ですが結婚後は行動が急変して、離婚が簡単にできないように妻は追い詰められていきます。一度捕まったら簡単には逃げられないので、後悔しても遅いです。

こんな男に捕まらないように早く家族の元に戻りましょう。

8.友人から絶好されたとき

元夫と離婚した後に行き場がなく、これから住む家を探すことになったとき頼りにしていた友人がいなくなっている。浮気がバレたとき友人との縁が切れると知って後悔した人は少なくないようです。

時々女友達に自分の浮気を告白して相談する女性がいますが、友達としては当たり障りなくただ聞いて夫の元に戻るように諭したりします。でも本当なら友達の浮気にあまり関わりたくないと思います。修羅場に巻き込まれるのはごめんだし、もし自分の夫にも手を出されることになるかもしれません。

浮気するとそれまでの信頼は一瞬で壊れます。気づいた時には友人はあなたの傍から離れていることでしょう。

9.元夫との結婚生活がどれだけ幸せだったか分かったとき

元夫との結婚生活には特別な不満がないのに、今と違った世界を見たくて浮気をしてのめり込み離婚に至った妻は少なくないようです。そんな妻たちは離婚したことに後悔すると、元夫との結婚生活がどれだけ幸せなことだったのかを知ります。そして元夫に復縁を求めます。

妻の浮気が許せる夫は多くいないですが全くいないとは限りません。ですが妻を許すかどうかを決めるのは当然元夫です。元夫が別れた妻に会いたくない、声も聴きたくないと言っている状態で、強引に謝罪してもどうしようもありません。

浮気したこと離婚したことを後悔して反省していることを伝えるために、しつこく元夫の家に押し掛ける元妻の方がいますがそれはやめましょう。それは自分の気持ちを相手に押し付けているだけの自己中心的な行動です。浮気した自分の行動を反省した行動とは言えません。相手の心を推し量り自分の行動を慎むことを学ぶ時期と思い、大人しく静かに反省しましょう。

まとめ

『【妻の浮気離婚】浮気したことを後悔する9つの瞬間』いかがでしたでしょうか?

浮気をしている当の本人たちは自分たちのことしか考えられなくなってしまって、浮気が夫や相手の奥様にばれた時にどんなことになるのか、周囲の大切な人たちをどれだけ傷つけるのか深く考えていないことでしょう。

本当に貴女は今の夫と離婚しても良いのですか?今の生活の不満なことは何ですか?本当に不満しかないのですか?

浮気している時の妻は自分の考えだけに固執していて、周りのことは何も目に入らなくなっています。浮気をしたことを後悔する前に、しっかりと周りを見渡して今ある幸せに目を向けていただきたいと思います。

こちらの記事も読まれています。⇒「【女の浮気】「一線を越える」の一線はどこから?5つのボーダーライン」

最後までお読みいただきありがとうございました。