既婚者が浮気をする心理&浮気をしない人の特徴

恋している時は何とも説明しがたいしあわせを感じますよね。でも相手が既婚者だったら恋するしあわせ感が半減してしまいます。どうして既婚者なのに浮気をするのかと思うでしょう。既婚男性と既婚女性が浮気をする心理と、また浮気をしない既婚者の特徴を知って自分自身どう選択するか考えてみませんか。

浮気をする人の心は「幸せになりたい」が強い

人はだれも「幸せな人生」を送ることを望むでしょう。

「幸せ」を望むことは自然なことです。「不幸」を望む人はいないはずですから。

その中で浮気する人は人一倍「幸せになりたい」と強く思っているように感じます。「幸せになりたい」と望むことは良いことなのですが、注意したいのが強く望みすぎると今の幸せに気づかないで、他人の幸せを羨みながら「幸せになりたい」ということです。

他人の幸せは他人のものであって、自分の幸せとは違うからです。本当の自分の「幸せのかたち」に気づいていないからです。

自分の「幸せのかたち」を知っている人は浮気をしないです。

浮気をする人と浮気をしない人の心理の違いは、自分の「幸せのかたち」を知っているかだと思います。

既婚男性が浮気をする心理

既婚者の男性が浮気をすることは、バレたら社会的信頼を失うし家庭をも失うことに繋がるかもしれないことは誰もが理解しているはずです。それでも浮気をすることはどうしてなのでしょうか。既婚男性の浮気する心理を3つに分類します。

1.男の本能:ハンターの心理

「結婚と恋愛は別」という言葉はよく使われますよね。結婚は現実的ですから、浮気をする既婚男性が結婚相手を決めるときの基準が、家庭的でしっかりと家を守る女性です。ですが結婚してからも男の性は消えません。男の本能はハンターなので、悪い言葉で申し訳ないのですが妻は捕まえた獲物となります。結婚後、自分のタイプの女性に出会ったら本能が動いてしまいます。

ここで家庭があるからと理性で抑えれたら浮気をしないのですが、本能のまま動いてしまう既婚男性もいるのです。こういうタイプはもし離婚して浮気相手と結婚しても、浮気はやめないでしょう。結婚して夫婦で人生を歩む覚悟ができない男性ですから、このタイプの男性とは浮気をしないほうが身のためです。

2.帰宅恐怖症:現実逃避をしたい心理

最近増えているのが帰宅恐怖症の男性です。家に帰りたくないから遅くまで残業したり、家に帰らずにカプセルホテルに泊まっている男性がいます。

その原因は妻の言動や行動にあります。常に夫の行動を指示したり、夫の行動に対して不満を口にだしたり、妻は子供にしか関心がなかったり、夫婦の会話は愚痴しかないときは男性にとって家庭は居たくない場所になってしまうのです。そんな妻はモラハラ妻と言えるでしょう。

また、妻があまりにも完璧主義で仕事も家庭も完璧にこなしていると、夫のも全てを完璧にこなすことを求めることがあります。そのプレッシャーに耐えられずに家に帰れない男性もいます。

現実逃避したくて家に帰らずにいると、妻以外の女性の優しさに触れたときに浮気をしてしまいます。真面目な男性に多いので、浮気から本気に変わり妻と離婚する可能性もある男性です。

3.妻への不満:セックスレス

妻とは愛し合って結婚して順調に子供が生まれて家族ができて順風満帆な男性なのですが、妻が子育てに忙しくて夫との時間が取れなくなってくるとセックスレスが起きやすくなります。妻だけの問題だけでなく夫も問題はあります。セックスレスの原因は今回は除外しますが、夫は妻とセックスしたいけれど妻に拒否されていると、他の女性へ心が動いく男性もいます。

既婚女性が浮気をする心理

浮気をする既婚女性の心理は、浮気をする既婚男性とあまり変わりません。女性の視点から既婚女性の浮気する心理を3つに分類します。

1.結婚と恋愛は別

浮気する既婚女性は結婚相手には安定とステータスを求めて選ぶ人が多いです。安定的な仕事に就いていて学歴も良いことを基準にしています。そして自分も仕事をして経済的には豊かな生活をしていると、夫とは別のタイプで自分を楽しませてくれる男性と浮気をしやすくなります。結婚したけれど子どもを持つのはもう少し後で、今はお金を貯めたりもう少し遊びたいと考えていると思います。浮気や不倫を遊び感覚で始めるけれど、後で本気になってしまい夫に離婚されて、浮気相手にも振られる最悪な結末が待っている場合があります。

2.DV・モラハラ夫と別れたい:現実逃避の心理

夫が束縛をしたり暴力を振るっていると家から逃げ出したいために、他の男性に助けを求めるように浮気をする場合があります。DV・モラハラ夫と暮らしている女性はとても真面目なので、浮気なんて考えない人もいます。ですがDVやモラハラに耐えられなくて逃げ出すために他の男性に生活を助けてもらおうとして浮気をすることもあります。

そんな女性にお願いです、浮気をしなくてもすぐに逃げ出すようにしてください。逃げ出した後に経済的に助けてくれる男性が現ることもあります。浮気してから逃げることは後で離婚するときに問題になりますから浮気はしないようにしてください。

3.夫への不満:セックスレス

愛している夫と結婚して順調に子供が生まれて順風満帆な生活をしている既婚女性でも、浮気をすることがあります。第一子が生まれて慣れない子育てにストレスが溜まったり、疲労が溜まっている時は自分のことは二の次になってしまうことがあります。そして夫のことは三の次になるのではないでしょうか。

この時期に夫とのコミュニケーションが減少して気がつくとセックスレスになっていた。できればもう一人子どもが欲しいのに夫は疲れたと言って相手にしてくれなくなってしまっている。また夫に自分を家政婦のように思われていることを不満に思うこともあるかもしれません。そうすると夫のいない時間に出会った男性に意識が向いてしまうことがあります。

自分も女であること感じたいという気持ちは当然持って良いものです。ですが浮気は家庭を壊すことになりますから思いとどまってください。女であることを感じる方法はいくらでもありますから他の方法を見つけてくださいませ。

既婚男性も女性も大きく分けてこの3つに心理が分類されると思います。例外として結婚後に本気で愛する人に出会ってしまった場合あります。ですが滅多にありませんので、この例外に期待しないでください。本当の幸せが何かを冷静にゆっくりと考えてみてくださいね。

浮気をしない既婚者の特徴

浮気をしない人がいるのかと疑う気持ちがあるとき、きっと今の幸せに気づいていないと思います。浮気をしない人がどんな特徴を持っているのか知ると、自分の今の幸せを見つけたくなると思います。

1.今の幸せを楽しんでいる既婚者

今の妻または夫をとても愛していて、その思いをしっかりと相手に伝えることができている人は浮気をしません。今の幸せを感謝して努力して大切にして、さらに幸せを広げたりすることを楽しんでいるからです。おそらく「浮気をする」という考えが全くないでしょう。

2.浮気をする時間がない人

浮気をしない人は、家族のことや仕事のこと、趣味に時間を費やしているでしょう。そこに他の異性と浮気をする時間の空きがないので、浮気を考えることもありません。とても幸せな時間の使い方ですね。

3.過去に浮気をされて傷ついた経験がある人

過去に付き合った人に浮気をされて傷ついた経験がある人は、自分は絶対に浮気をしないと心に決めています。浮気がどれだけ人の心を傷つけるかを身をもって体験したからです。浮気された経験がある人は、恋人やパートナーをとても大切にすると思います。人の心を想うことができる人はとても幸せになります。

まとめ

既婚男性と既婚女性が浮気をする心理と浮気をしない既婚者の特徴はいかがでしたでしょうか。

人間は自分自身で幸せを創り出せます。

周りの基準や情報に流されずないで、今ある自分の幸せを見つけることが大切です。

今自分が持っている幸せなものを更に育てていけば、もっと幸せを創り出すことができます。

無いものを求めようとするよりも、今あるものから幸せが創るほうが簡単だと思いませんか?

既婚者で浮気している人も、既婚者と交際している独身の方もぜひ今の幸せについて見つめていただけたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も参考になると思いますので、ぜひお読みください。⇒「【恋人たちの疑問】浮気を疑うと怒る5つの心理と5つの対処法」