結婚前に彼の浮気発覚!!浮気を許す許さないを判断する3ポイント

結婚を目前に控えたときはしあわせ感が一杯ですよね。そんな時もし彼の浮気が発覚したら、貴女はどうしますか?そんなことすぐに分からないわと思うでしょう。当然です。そんな時に経験者の対応を参考にしたいところだと思うので調べてみました。彼の浮気を許すか許さないか、結婚の道を選ぶか婚約解消する道を選ぶか、どちらを選んでも貴女がしあわせになることを願います。

経験者は何を選んだの?

29歳のA子さんのケース。交際3年が過ぎた頃に32歳の彼から念願のプロポーズをされて承諾したA子さん。嬉しさいっぱいでずっと思い描いてきた結婚式や新居について準備を進めてきたけれど、あるとき1週間ほど彼の帰りが遅い日が続いて、彼女は何か怪しいと感じました。

A子さんから彼に様子が変だけどどうしたのと質問したところ、彼が飲み屋で出会った女性B美さんと数回会っていたことを告白しました。彼はA子さんと結婚したいから許してほしいと言われましたが、それにはすぐに答えを出すことはできませんでした。

でもA子さんは彼に「本当に私と結婚する気持ちがあるのなら、今すぐ私の目の前で彼女に電話してもう会わないことを伝えて」と要求しました。

すぐに彼は元彼女に電話をして、「A子のことを大切にしたいからもう君とは会わない。君にも申し訳ないことをした。悪かった」と謝りました。

A子さんはすぐには彼の浮気を許す気持ちはできいなかったけれど、彼のB美さんに電話した態度を見て、許す気持ちになれたと後で語っていました。

彼が結婚後に浮気をしない保証はないけれど、B美さんへの電話で彼が一方的に自分の別れの言葉だけで終わらずに、B美さんの気持ちにも配慮して謝ったことで、人の気持ちを配慮できる人だとわかり信じることにしたそうです。

もしこの時にA子さんの前を意識してカッコつけて浮気をB美さんの責任にしていたなら、次に浮気をしたときに私の責任にされる可能性もあると思い、彼と別れて結婚しない選択をしていたかなとA子さんは語っていました。

 浮気を許す許さない判断3ポイント

A子さんの彼はまだ浮気の発覚が早かったし、すぐに認めて謝ったのでまだA子さんは救われました。でもそんな男性ばかりではありません。

浮気を許すか許さないかは、基本は決定権を持っている貴女が自分の将来をどうしたいのかで決めることが大切です。決めかねているときにこちらも参考にしていただければと思います。

1.浮気をしていた期間

浮気していた期間が1日から1週間くらいの短いときは、まだ許すことも考慮に入れれるのではないでしょうか。浮気をしていた期間が1か月以上になるときは継続していると考えられるので、許さないと判断してもいいかもしれません。

継続性があるということは、本命の彼女や妻また子供をだまし続けていた訳です。本命の彼女と素知らぬ顔で過ごしていたわけですから、浮気を隠すことが上手でしょう。結婚前なら自分自身の将来を考えて浮気を許すか許さないかを決めていただきたいと思います。

2.浮気を誤魔化している

浮気について疑いを持った時、何も証拠はないけれど彼の行動が怪しいと本能的な女の勘が働くわけです。彼に確認したときに、ハッキリと否定しないで変な誤魔化し方をしたりしていたら、浮気をしていると思って間違いないでしょう。

許すか許さないという判断は、浮気の証拠が出てきた時にすることになるでしょうが、誤魔化していることは上手く切り抜けようとしているわけですから、結婚後についても不安になります。浮気以外にも借金なども内緒にしているかもしれません。

本当に浮気をしていない可能性もありますから、浮気が証明されたときに許すか許さないか判断されたほうが良いと思います。それまでは彼を信じてみましょう。

3.浮気を他人の責任にしている

浮気がバレたときに彼がどんな態度をしていたかは、今後の二人の将来にも大切な見極めポイントになります。

浮気したことを自分の責任と捉えて、本命の彼女に誠心誠意謝罪しているのはもちろんですが、浮気相手の女性にも謝罪しているかどうかがポイントです。

浮気中は浮気相手にも自分は彼女がいないとか言ってどちらにも騙していたかもしれません。浮気相手の彼女が婚約者がいることを知っていて交際していたとしても、その女性も本命の彼女も軽んじていたことには変わりありません。自分自身の態度に心から反省して謝罪しているかどうかが、浮気を許す許さないの判断のポイントになります。

浮気相手に対して謝罪がない態度だったら、結婚後にも浮気する可能性があるだろうし、そのとき妻に対して「お前が妻の役割をしないから悪いんだ」と責任を擦り付けるかもしれません。そんな夫で良いのか結婚していない今のうちにと考える必要があります。

結婚前に浮気を引き起こす要因はマリッジブルー

恋人からプロポーズをされて、両家のご両親にも承諾を得られて婚約できると、そこから男女の結婚へのすれ違いが始まります。大きく分けて3つ「彼女の態度の変化」「結婚式の準備にもめる」「意識・価値観のズレ」が重なると、男性はマリッジブルーを起こします。マリッジブルーは女性だけではなかったんですね。

1.彼女の態度の変化

結婚が決まった女性はゴールが目の前になったとき、これまでの恋愛期からの態度が変わることが少なくありません。今まで男性に優しく尽くしてきた彼女が、急にお金の管理を厳しく始めたり、彼氏のファッションセンスに不満を言い出したりした場合、彼氏は「えっ!こんな女性なの!」と衝撃を受けるようですね。

今まで彼女に癒しを求めていたのに急に態度が変わると、彼氏はこのまま結婚しても大丈夫なのかと不安を感じ始めます。そんな時に優しく話を聞いてくれる女性に出会ったりすると、心が揺らいでしまうらしいです。

 2.結婚式の準備でもめる

女性にとっては結婚式は人生で一番最高の瞬間の時です。自分の理想の結婚式にしたいという気持ちが強く出すぎてしまうときがあります。彼も彼女の結婚式で綺麗な花嫁姿を見たいし彼女の気持ちを汲みたいとも思いますが、あまりにも結婚式が豪華すぎたりすると、男性は結婚の意欲が落ちてしまうこともあります。結婚式のモチベーションに差ができてしまうと、女性は結婚式の招待客や引き出物などについて色々と彼氏と相談したいとき彼氏は適当に対応してしまうことになりかねません。

こうなってくると「意識のズレ」にもつながるだけでなく、最悪結婚式から数か月で離婚するケースもあり得ます。

女性は結婚式に自分の望む考えを押し通すだけでなく、彼氏の考えも聞き入れることが大切です。夫婦共同作業はここから始まっていますね。

3.意識・価値観のズレ

離婚理由第1位は「性格の不一致」で離婚理由全体の5割も占めています。

そして離婚に至った問題は何かと質問された夫婦が良く言う言葉は、「何か大きな出来事があったわけでなく、小さなすれ違いが積み重ねた結果」と答えます。

浮気は夫婦や恋人の意識のズレが表面化したものだと言われますが、ただ浮気を問題にして浮気を許す方向で解決しても表面を解決しただけで、奥に隠れている夫婦や恋人の意識のズレは解決していません。

結婚前から彼が浮気したのならば、やはり二人の間の意識や価値観にズレが生じていることですから、二人でお互いの意識の違いが何かを見つけなければいけないでしょう。そして二人でその意識のズレの幅を狭くしていくと

 結婚前に浮気を見つけてよかったと思う

浮気は、「許す」を選択しても、「許さない」を選択しても、どちらも良いと思います。決していい加減に言っているわけではありません。^^;

「浮気を許す」選択をしたなら、二人の意識のズレを見つけていくことに気づいて夫婦生活が上手くいく方法が見つけれたわけです。

また「浮気を許さない」選択をして結婚を取りやめたならば、別の人との出会いが待っているわけです。

どちらを選択しても貴女はしあわせな道に進むでしょう。

ただ「浮気を許す」選択をした場合は、確実にしあわせな結婚生活を得ると共に、夫婦で人間的成長にもなれたということです。

まとめ

結婚前に彼氏の浮気発覚!!浮気を許す許さないを判断する3ポイントはいかがでしたでしょうか?

結婚前には多くのことを二人で決めないといけないから大変ですよね。

結婚後は子どもの将来のことも他の色んなテーマを夫婦二人で話し合って決めていかないといけないから、結婚式は二人で決める初めてのテーマです。

どちらが一方的に押しすぎてもいけないし、また一方的に引きすぎてもいけません。それだと浮気の原因になってしまいます。

結婚前はまだ二人の絆は細いものです。お互いが強く引っ張りすぎると切れてしまうし、片方が引っ張りすぎると相手が手を放してしまうかもしれません。

引っ張りすぎず、緩めすぎず、お互いが縄跳びを回すように息を合わせて絆を回してください。いずれお子様が生まれたら、回っている絆の中を飛び跳ねるでしょう。そしてどんどん太く強くなっていくのかもしれませんね。

こちらの記事もぜひお読みください。⇒「旦那の浮気が発覚!!浮気を許す条件はどうする?」

最後までお読みいただき、ありがとうございました。