妻の暴言が離婚原因!!妻の暴言を克服してハッピーになる方法とは

結婚前は女性らしくとても優しい振舞いだったのに、結婚直後に態度が豹変して毎日暴言を吐くようになった妻。昨今のそんな夫婦が少なくないようで、妻の暴言に耐えられず離婚を考える男がネット上のQ&Aサイトに数多く相談が寄せられています。わたしの知人男性にも妻との関係に悩んでいた人がいましたが、ある方法で明るく元気に変化した人がいらっしゃいます。そこで今回は妻の暴言を原因で離婚を考えられている男性に贈る『妻の暴言を克服してハッピーになる方法』をご紹介します。

言ってはいけない妻の暴言

まずは妻がどんな暴言を吐くのでしょうか。男が妻から言われて傷つく言葉を集めてみました。

  • たいした稼ぎもないくせに
  • 男らしくない
  • 近づかないで
  • 臭い
  • 離婚する
  • マジで死んでほしい
  • 生きている価値なし
  • ちび、デブ、ハゲ(体に関すること)
  • なんであんたと結婚したんだろう
  • 父親の資格がない
  • やっぱりあんたは教養がない親から生まれた子供だわ

それぞれ一つの言葉だけでも結婚生活を続けることができなくなる暴言です。誰もこのような言葉をかけられることはあってはならないと思います。

このような妻の暴言に耐えてきてもう我慢ができないのなら、早く離婚しましょう。男だから我慢しなくてはならないと思わなくてもいいし、我慢しすぎて自分の精神や人生が壊れるくらいなら、離婚するほうがましではないでしょうか。

妻の暴言はれっきとしたハラスメントですから十分に離婚の原因になります。この暴言を証明する必要があるので、妻の暴言を録音して少しずつ証拠を集めていくとよいでしょう。

妻から暴力・暴言を受けている男は増加中

妻から暴言を言われていることが恥ずかしくて誰にも相談できないと思われている男性がいらっしゃしますが、現実は妻から暴力や暴言などのDV(ドメスティックバイオレンス)を受けている男性が増加中です。

DVというと男から女に身体的・精神的な暴力を与えるものとイメージされますが、女から男へのDVは全体の2割近くあるそうです。

上記の統計は平成23年に内閣府が調査した結果ですが、男性でもパートナーから暴力を受けたことがある人は全体の18%です。これは6年前の調査ですから被害を受けたことがある男性はきっと2倍以上になるでしょう。

妻の暴言で苦しんでいる男性は少なくありません。

本当に暴言を吐く妻がすべて悪いの?

夫に暴言を吐いた後の妻の気持ちはどんなものなのでしょうか?

妻から暴言を吐かれる夫がいる数だけ、「どうしても夫に暴言を吐いてしまう」「自分の暴言が原因で夫に離婚されるかも」と悩んでいる妻もいます。

妻が暴言を吐くようになった原因には、環境の変化が大きいと言われています。結婚後の夫婦二人の生活や、出産後の体の変化や思うとおりに行かない子供の養育などでストレスが溜まったことで、イライラを夫にぶつけてしまうケース。

夫としては妻のストレスを理解して、何も言わずに妻の怒りを受け止めていただけかもしれません。ですが夫のその行動が必ずしも妻が求めているストライクゾーンではないと、妻のイライラ感情はもっと激しくなっていくこともあります。

妻の暴言が激しくなっていくと、男は妻の機嫌を損ねないようにするために何もしなくなりますが、妻にとっては更に気に触ってしまいます。

そして夫の行動が原因でもっとキレてDVになるという悪循環のサイクルに突入していきます。妻の暴言や暴力に拍車をかけているのは、もしかしたら夫の行動の可能性もあります。

もし今の状況を変えたいと思うのだったら、妻の行動を変えることは不可能に近いですが、自分の行動を変えることは可能です。

暴言妻に勝つ方法とは!!

ではどうやったら妻の暴言に立ち向かい、妻に勝つことができるでしょうか。

一番手っ取り早いのが『身体を鍛える』ことです。

身体と心はつながっているので、身体を鍛えれば必然的に心も強くなります。

特に男性は身体を鍛えて筋肉を増やすと、テストステロンという男性ホルモンを多く分泌するようになり、性格も男らしく変わっていきます。

活動的な意欲が湧いてきて男の自信がついてくるのです。イライラな感情やネガティブ感情に振り回されずに、いつもイキイキとした日常を送ることができます。

そして自分の感情だけでなく妻の暴言やイライラ感情にも振り回されない強い精神力がつくと言われています。

身体を鍛えることで生まれる3つのメリット

妻の暴言に耐えるために始めた身体を鍛えることは、心を鍛えて妻の暴言に耐えるだけでなく多くのメリットを生み出します。とある男性Aさんは妻の暴言や自分自身の自信なさに悩んでいましたが、一念発起して体を鍛え始めたところ様々な良い変化が生まれました。今は妻と離婚することなく、自信をもって日々を過ごせるようになったとのこと。そのAさんが体験した変化を紹介しながら、身体を鍛えることのメリットをお伝えします。

1.妻が暴言を吐けなくなる

男が身体に筋肉をつけてくると雰囲気がガラリと変わってくるので、男らしさがついてきます。とある男性Aさんはそれまで妻が吐いてきた「男らしくない」「ひ弱なあんたに何ができるの!」という暴言が吐けなくなってきたことで、徐々に妻の暴言回数が減ったと話します。

男が身体を鍛え始めた行動は、暴言を吐いてきた妻にとっては脅威になると思います。なぜなら今度は自分が暴力を受ける番になるのかと考えるからか、または夫に対して尊敬の念が生まれたかもしれません。

2.他の女性からも注目を浴びる

またAさんは職場の女性の態度も変化したと言います。それまであまり会話しなかった同僚の女性が好意的に話しかけてくるようになったそうです。仕事も手伝ってくれる人も増えたそうです。

身体を鍛えることでテストステロンという男性ホルモンを多く分泌されますが、このテストステロンは女性を魅了するモテホルモンです。モテホルモンに女性は本能的に引き寄せられてしまうので、自然とモテてしまいます。

Aさんは身体を鍛え始めてから表情がどんどん明るくなって笑顔が増えてきたのも、このモテホルモンのおかげかもしれません。

3.妻の暴言を意識しなくなる

身体を鍛えることで評価が上がるのは異性だけではありません。同性の男からも好印象を受けるようです。元々性格が優しいAさんだから人当たりは良かったけれど、体つきが変わったことで男からはどうやって体型を変えたのか話題の的になりました。今は同じように身体を鍛えることを趣味としている人たちと仲良くなり、交流が増えているそうです。

Aさんは妻の暴言を克服するために身体を鍛え始めたのですが、今は身体を鍛えこと自体がとても楽しくて妻の暴言など全く意識しなくなって精神的に強くなれたと言います。

身体を鍛えることは精神的にも社会的にも良いことのようです。

番外編:夫婦の問題は前世からの宿題

ちょっとここでブレイクタイム。

既婚者の方も未婚者の方も一度は考えたことはありませんか?「なぜこの相手と出会ったんだろう」夫婦の縁を不思議に感じたことはありませんか?

スピリチュアル的な話になりますが、人生で出会う人たちは前世から強い縁があった人たちです。血縁関係を持った人とはとても魂の縁が深い人だとスピリチュアルの世界では言われています。そして血縁関係がない夫婦となった男女は、生まれ変わっても何度も出会う強い縁があります。それはどうしても二人で向き合わないいけない宿題を抱えているから。

毎日喧嘩してばかりの夫婦は、その怒りの感情をコントロールしてお互いを許し合うことが宿題であり、お互いの魂を高め合う最高のパートナーなのかもしれません。

夫婦の宿題の答えは夫婦二人で見つけなくても構わなくて、片方が答えを見つけてもいいのです。前世から続いた夫婦の宿題の答えが見つかってその行動ができたとき、夫婦仲が良くなるかもしれないし、夫婦の縁が切れて離婚に至るということもあります。そしてその後の人生はハッピーになるようです。

前世からの宿題が見つからないまま夫婦が憎しみあって離婚した場合は、今の人生では縁が切れますが来世でまた夫婦として出会う可能性が強まります。また離婚後も同じ問題で繰り返す可能性があり、暴言妻と同じタイプの女性を引きよせることが多々あります。

離婚するにしても、離婚しないと決めても、どうせなら今の人生で宿題の答えを見つけてハッピーな人生に変えていきたいですね。

まとめ

『妻の暴言が離婚原因!!妻の暴言を克服してハッピーになる方法とは』いかがでしたでしょうか?

妻の暴言が原因で離婚を考えることは当然です。自分の精神と人生を守るために離婚を決意すること決して悪いことではなく、応援したいくらいです。

でも子供の想いなどで離婚を選べれないときにも、妻の暴言の苦しみから解放される道があると思います。「身体を鍛える」は一例にすぎませんが、大切なのは妻の暴言から気持ちを離して今までの自分とは違う魅力を創り出すことだと思います。

暴言を吐く妻を変えることよりも自分を変えることの方が簡単です。思いっきり変えてしまえば現実も変わってくるはずです。

妻の暴言に悩まれているときはこちらの記事も参考になると思います。⇒「【保存版】モラハラ妻に悩んでいる男性ができる相談先&対処法」

最後までお読みいただきありがとうございました。